お電話でのお問い合わせは
TEL:025-524-7551
TEL:025-524-7551
MENU
前のページへ戻る

会社情報Company Guidance

会社概要

アリサワの歴史は1909年バテンレースの製造から始まり、グラスファイバーとの出会いによって大きな発展を収めてきました。
そして2000年7月、(株)有沢製作所からアリサワの起源とも言うべき織りの技術を主体として分社化したアリサワファイバーグラス(株)が誕生しました。

長きに渡り培ってきた固有の技術を生かし、電子材料用ガラスクロス、産業用ガラスクロスの一貫した製造ラインを築き上げ、お客様のご要望にお応えする努力を続けています。

ここで誕生するガラスクロスは、パソコンや携帯電話などに組み込まれる電子材料、航空機内装用パネルを始めとする産業構造材料、電気絶縁材料となってさまざまな産業の発展に貢献しています。
アリサワファイバーグラスは今日も明日もガラスクロスを製造し続けることで、「未来」の創造を支えていきます。

社名 アリサワファイバーグラス株式会社
英文社名 Arisawa Fiber Glass CO., Ltd.
本社所在地 新潟県上越市南本町一丁目5番5号
設立 2000年7月
資本金 10,000万円(2020年4月1日現在)
事業内容 プリント基板用ガラスクロス、産業資材用ガラスクロス、ガラステープの製造
資本関係 株式会社有沢製作所(東証1部上場)の100%子会社
役員構成 代表取締役社長 戸田 良彦
取締役工場長  山田 光人
取 締 役   増田 竹史
監 査 役   北  和英
CIC 昨日より今日、今日より明日

創造Creation  革新Innovation  挑戦Challenge

経営方針

「創造」 「革新」 「挑戦」 を基本とし、
Ⅰ. 新たな価値を創造し、顧客満足を高める。
Ⅱ. 顧客要求を発掘し、独創的な技術で新事業を創出する。
Ⅲ. 品質と生産性を向上させ、企業体質を強化する。

私たちの行動指針

1. 他人と自分を比べるのではなく、昨日の自分と今日の自分を比べる。
2. 相手の立場を理解し、もっとも良いと考え抜いた行動を起こす。
3. ゼロ災に向けて、自分の役割と責任を果たす。

沿革

1909 有沢富太郎によるバテンレース製造により創業
1930 初代所長有沢富太郎個人経営の有沢製作所に改組
1931 電気絶縁テープの製造開始
1934 ファスナーテープの量産開始
1940 軍事工業用細幅織物・電気絶縁テープを重点に生産
1946 電気絶縁テープ製造設備増設
1949 ガラス織物の製造技術開発に着手
1950 ガラスクロス・合繊クロス製造設備増設
1984 プリント配線板用ガラスクロス製造設備新設
1985 膜構造建築用超広幅ガラスクロス製造設備新設
1988 プリント配線板用ガラスクロス(マルチ用)処理設備新設
1990 プリント配線板用ガラスクロス製造設備増設
1997 プリント配線板用ガラスクロス製造設備増設
2000 ガラスクロス事業を分離し、アリサワファイバーグラス(株)を設立